蝉川泰果が大会最年少V 中島啓太と金谷拓実2位、石川遼は7位

蝉川泰果が大会最年少V 中島啓太と金谷拓実2位、石川遼は7位

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 蝉川泰果がファイナルラウンドで4バーディ2ボギーの中で68をマークし、15アンダーで優勝した。
  • 22歳326日での優勝は最年少記録となり、中島啓太と金谷拓実が2位タイ。
  • 石川遼は後半に5打落とし7位タイに終わった。3連覇を狙った谷原秀人は6位だった。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

記事全文を読むcomment0