西日本豪雨 救援物資は「第2の災害」と言われるこれだけの理由

 西日本を中心に「平成最大の水害」をもたらした平成30年7月豪雨は、発災から日を追うごとにその被害の大きさが明らかになりつつあります。7月13日午前の時点で死者は204人、7000人以上もの人々が避難…

記事全文を読む