住宅ローン不正が横行する不動産業界の闇 ターゲットは「年収が低めの若者」

 若者に住宅ローンを借りさせ、投資用不動産を買わせる不正が蔓延している。 たとえば都内の飲食店で働く20代の男性店長は、店にかかってきた不動産業者の営業電話に引っかかった。「自己資金ゼロで投資できる」…

記事全文を読む