《ゴーンショックが終わらない》前代未聞の弁護士ガサ入れも、検察関係者は「逃亡責任は、むしろ高野氏だ」

 日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡劇の余波が続いている。その中で最大のインパクトは、”無罪請負人”と呼ばれ、検察側が「因縁の相手」と敵視してきた弘中惇一郎弁護士の法律事務所に、東京地検が捜…

記事全文を読む