「若い衆が突然、何人もいなくなる」“分裂抗争”山口組組員が激減 暴力団業界で何が起きているのか?

 暴力団業界のブランドとされる「菱の代紋」の威光があっても、勢力減少に歯止めがかけられない――。 10年前には1万7300人いた山口組の構成員(組員)が、2019年末時点では、分裂した「6代目山口組」…

記事全文を読む

×