サンリオ、創業者の孫が社長に “ともくん”と呼ばれる31歳は「危機」にどう立ち向かうか

「ハローキティ」などで知られるサンリオで1960年の創業以来はじめて社長が交代する。創業者の辻信太郎社長(92)は代表権を持つ会長に退き、孫の辻朋邦専務(31)が7月1日付けで社長に昇格した。 450…

記事全文を読む

×