【東京の路上で若手警官が拳銃自殺】朝鮮総連担当の巡査長(25)が漏らしていた「辞めたい、死にたい」

 7月8日午前3時半頃、東京都千代田区富士見の路上で、警察官が頭から血を流して倒れているのを通行人が発見した。病院に搬送されたが、意識不明の重体。8日午後10時頃には死亡が確認された。「深夜に『おまわ…

記事全文を読む

×