受験生1人につき1000万円……“不正入試”東京医大のドンの「5億円マンション」蓄財術

 7月25日、東京国税局の税務調査で約1億円の申告漏れを指摘され、批判が再燃している東京医科大の臼井正彦前理事長(79)。 金の出元は合格への“配慮”を求めた医学部受験生の保護者らで、臼井が受け取った…

記事全文を読む