窓をハンマーで叩き割り…厚労省8階で官僚が血まみれ自殺未遂

 3月24日に、職員23人が深夜まで送別会を開いていた問題が明るみに出た厚労省。その2日前の3月22日、厚労省が入るビルの8階で同省の職員が窓を破壊し、飛び降り自殺を図っていたことが、「週刊文春」の取…

記事全文を読む

×