《尼崎連続変死》喉骨と肋骨3本が折れ、体重は22キログラムに半減…暴力で家族を乗っ取った“恐怖支配”の実態

 2012年10月に発覚し、日本中を恐怖の渦に巻き込んだ尼崎連続変死事件。主犯の角田美代子と共同生活を送っていた疑似家族は、親族間同士での暴力を強要され、飲食・睡眠の制限や、財産を奪われるなど、数々の…

記事全文を読む

×