深夜の「質問通告」で省庁職員は午前4時まで残業 「朝の2時、3時頃タクシーで帰宅する日々が続く」という人も

省庁職員の長時間労働につながるとして度々問題になっている「国会待機」だが、議員が質問を出す時間はなかなか早くならないようだ。公明党のいさ進一衆議院議員(42)は11月20日、「例えば先日の文科委、野党…

記事全文を読む