悪質クレーム、10年間で24人自殺 厚労省「行政が取り締まるのは難しい」と対応苦慮

従業員を追い込む悪質クレーム「カスタマーハラスメント(カスハラ)」によって、2018年までの10年間で78人が労災認定を受け、うち24人が自殺していたことが10月24日、分かった。接客業などに携わる従…

記事全文を読む