金融のプロ警鐘 「日経平均1万2000円まで下落」の現実味

 急騰を演じた大発会から1週間あまり。日経平均は2万3000円の大台を突破し、「2万5000円が視野に入ってきた」(大手証券アナリスト)との見方が主流だが、10日、11日は続落だった。 熱狂から冷め、…

記事全文を読む