日大悪質タックルに見えた 大学スポーツ“勝利主義”の弊害

「もはや大学スポーツは終焉を迎えていると言ってもいいでしょう」――。 こう言って憤りを見せるのはスポーツライターの谷口源太郎氏だ。 社会問題にまで発展している日大アメリカンフットボール部員による悪質な…

記事全文を読む