“問題児”が日ハムで評価一転…中田翔「残留」決意の裏側

中田翔(29)といえば昨年までグラウンド内外の「問題児」だった。 昨季は打率.216、16本塁打、67打点。チャンスでもからっきしだった。グラウンド外でも若手を飲みに連れ回し、結果として骨抜きにしてし…

記事全文を読む