サーシャ不在影響か 大坂なおみ“新女王初戦”で敗退の衝撃

「練習がよくできていなかった」――。 そう言って、世界女王が苦しい胸の内を吐露した。 女子テニスのドバイ選手権(アラブ首長国連邦)は19日(日本時間20日未明)、第1シードの大坂なおみ(21)が初戦の…

記事全文を読む