高額賠償抱えたピエール瀧被告にドイツでミュージシャン復帰説

■保釈後の足取りは不明「保釈後、ピエールを乗せたバンを各社が追跡しましたが、その後の足取りは判然としていないようです。どこかの更生施設に入ったと考えられますが……」(週刊誌記者) コカインを使用したと…

記事全文を読む