2回戦で154kmマーク星稜・奥川に阪神熱視線 懸念されるのは“藤浪の悪夢”

星稜(石川)が13日、立命館宇治(京都)との2回戦で14安打6得点。6―3で5年ぶりの3回戦進出を決めた。 1回戦で完封したドラフト1位候補・奥川恭伸(3年)はベンチスタートだったが、3点差に詰め寄ら…

記事全文を読む