JR貨物「株式上場」への野望…成長投資の目玉「レールゲート」で打って出る

将来の株式上場を“野望”に掲げる日本貨物鉄道(JR貨物)が事業基盤強化に向けて積極投資に乗りだす。 大型物流施設の建設や老朽設備の更新などに、2021年度からの10年間で総額4020億円を投資。19年…

記事全文を読む