2022年も居酒屋は“受難の年”…客足戻らぬまま協力金カットで「倒産ラッシュ」の可能性

 2021年(1〜12月)の「居酒屋」の倒産件数は、152件(前年比12.6%減)と、2020年(174件)に次いで、過去30年間で2番目の多さだったことがわかった。東京商工リサーチが集計した。新型コ…

記事全文を読む