お家芸「競泳」世代交代“失敗”で氷河期突入危機…瀬戸200M個人メ「銅」で日本勢2個目

 競泳日本代表が現在開催中の世界選手権(ブダペスト)で苦戦している。 日本時間23日の男子200メートル個人メドレー決勝で前回王者の瀬戸大也(28)が1分56秒22で銅メダルを獲得。今季自己最速タイム…

記事全文を読む