日本で少子化のスピードが加速…7年連続で出生数が過去最小を継続する異常事態

(写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ) 2022年上半期の出生数は38万4942人と前年同期に比べ2万人減少した(厚生労働省人口動態統計)。 このままいけば年間出生数は初めて80万人割れとなり、7年連続…

記事全文を読む