韓国人を「新型コロナウィルス潜在保菌者」扱い・トイレ制限ーKLMオランダ航空支社長がソウルで謝罪会見

 2020年2月14日、韓国メディアは、KLMオランダ航空の客室乗務員が、韓国人には新型コロナウィルス(COVID-19)潜在保菌者がいるとして、機内のトイレのドアに韓国語(ハングル文字)で「乗務員専…

記事全文を読む