ローカル線は「残すことが目的化」? 存続ありきに懐疑的な意見も...国交省有識者会議が示す「方向性」

人口減少やコロナ禍で、多くのローカル線が存続の危機に立たされる中、国土交通省の有識者会議で地方交通のあり方に関する議論が進んでいる。2022年5月13日に行われた第4回会合では、出席者から「(このよう…

記事全文を読む