ダライ・ラマが外遊取りやめ=82歳、健康悪化理由に

 【ニューデリー時事】インド亡命中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は11日の声明で、健康状態の悪化を理由にアフリカ南部ボツワナ訪問を取りやめることを明らかにした。82歳と高齢で、「ここ数週間…

記事全文を読む