米決定に深刻な懸念=仏独も支持せず−EU

 【ブリュッセル時事】エルサレムをイスラエルの首都と承認したトランプ米大統領の発表に対し、欧州連合(EU)内では6日、「深刻な懸念」(モゲリーニ外交安全保障上級代表)を示す声が相次いだ。EUと米国の関…

記事全文を読む