空自F35の安全確認=米軍機墜落受け点検

 最新鋭ステルス戦闘機F35が米国内で墜落し、米軍が全機の運用を停止していることを受け、航空自衛隊は12日、空自三沢基地(青森県)に配備している9機のF35Aを点検し、安全性を確認した。 航空幕僚監部…

記事全文を読む