iPS細胞、患者移植=パーキンソン病で世界初−50代男性に、経過は良好・京大

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経細胞を作り、パーキンソン病患者の脳に移植する臨床試験(治験)を進めている京都大は9日、50代の男性患者への移植を実施したと発表した。iPS細胞から作った神経細胞…

記事全文を読む