認知症の15%、運転で事故=物損や追突、死亡例も−家族の会「代替移動確保を」

 認知症高齢者らの約15%が、自動車運転で事故を起こした経験があると配偶者らが回答したことが12日までに、公益社団法人「認知症の人と家族の会」(京都市)の調査で分かった。事故未遂も含めると、3割近くが…

記事全文を読む