長時間労働で心筋梗塞1.6倍=中高年男性1.5万人調査−大阪大

 労働時間が1日11時間以上と長い男性は、7〜9時間の男性に比べ、急性心筋梗塞を発症する危険性が1.63倍に高まることが分かったと、大阪大と国立がん研究センターなどのチームが15日、発表した。論文が日…

記事全文を読む