「米本土全域を攻撃可能」=北朝鮮ICBM「火星15」−在韓米軍

 【ソウル時事】在韓米軍は11日、2018年の朝鮮半島情勢や米軍の動向をまとめた「ストラテジック・ダイジェスト」を発表し、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」について、「米本土全域を攻撃…

記事全文を読む