東京株、2カ月ぶり安値=景気悪化懸念、一時300円超安

 13日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前週末比229円38銭安の2万0455円44銭と3営業日ぶりに大幅反落し、6月4日以来2カ月ぶりの安値となった。景気悪化懸念から売られ、下げ幅を300円超…

記事全文を読む