国賠、261億円に減額=飛行差し止め認めず−第3次嘉手納爆音訴訟・福岡高裁支部

 米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)の周辺住民約2万2000人が米軍機による騒音で健康などの被害を受けたとして、国に夜間・早朝の飛行差し止めと損害賠償を求めた第3次嘉手納爆音訴訟の控訴審判決が11日…

記事全文を読む