創価学会、公明党がそろり安倍自民離れの魂胆

4名による激しい選挙戦が展開された10月28日投開票の新潟市長選。投票結果のいかんにかかわらず、この選挙後、与党自民党と公明党間には「隙間風が吹き出した」ともっぱらだ。地元県議が明かす。「市長選挙は新…

記事全文を読む