反安倍へ猪突猛進の小泉父子

野党。とりわけ、立憲民主党関係者はこう鼻で笑う。「5月の党首討論がいい例です。枝野幸男代表の持ち時間19分で6分半を質問し、安倍首相は残り12分半を意味のないペーパーをダラダラ読んで時間稼ぎ。こんな党…

記事全文を読む