話題の小学性棋士を“小間使い”扱いする囲碁界に大ブーイング!

4月に史上最年少の囲碁棋士となる大阪の小学4年生、仲邑菫(なかむらすみれ)が、2月20日、台湾最強の女流棋士、黒嘉嘉(こくかか)七段と特別対局した。 黒七段は“美し過ぎる棋士”としても有名で、モデル業…

記事全文を読む