8月から「副駅名」売却 1件年300万円 JR北海道

 JR北海道は11日、北海道内の一部駅で8月から、付近の施設を「副駅名」として表示すると発表した。経営改善策の一環で、1件年約300万円で売却する。全国の私鉄などで既に表示例があるが、JRでは初めて。…

記事全文を読む