福島県が東電提訴へ 「原発事故で人員削減計画立ち消え」 9200万円求め

 福島第1原発事故によって業務量が増加して人員削減計画が実行できなかったとして、福島県は東京電力に人件費や弁護士費用約9200万円の支払いを求めて提訴する方針を固めた。18日開会する9月定例議会に関連…

記事全文を読む

×