小山田圭吾も餌食に…陰湿な日本人には合わない欧米式キャンセルカルチャー

昨年7月に大きな波紋を呼んだ『東京オリンピック・パラリンピック』の開閉会式をめぐる辞任・解任騒動=Bこれをきっかけに、日本国内でもキャンセルカルチャー≠ェ浸透し始めることに。しかし、欧米発のキャン…

記事全文を読む