広島堂林が護摩行 3メートル炎前に不動真言を絶叫

 広島堂林翔太内野手(25)が11日、鹿児島市内の最福寺で護摩行に臨んだ。座った自分の顔よりも高い、約3メートル燃えさかる炎の前で、不動真言を絶叫した。  苦しみの先に光がある−。そう信じて、弟子入…

記事全文を読む