広島赤松、胃がん手術後リンパ節転移も妻支えで復帰

 「胃がん」と闘病し、今月11日に3軍に復帰した広島赤松真人外野手(34)が、今年1月の手術の後に「リンパ節」に若干の転移が見つかっていたことが、16日、分かった。赤松は昨年12月28日に「初期段階の…

記事全文を読む