藤井聡太四段8強進出「スピード重視で踏み込めた」

 将棋の史上最年少プロ、藤井聡太四段(15)が14日午前10時から地元対局に臨んだ。第11期朝日杯オープン戦(名古屋市東区「東桜会館」)の1回戦で、澤田真吾六段(27)を54手で下し準々決勝進出を果た…

記事全文を読む