裁判官が公判中に居眠りし謝罪「前夜眠れず何度か睡魔に」外部の指摘で発覚

新潟地裁で7日に開かれた、覚せい剤取締法違反事件の裁判員裁判の公判中に、裁判官の1人が居眠りし、弁護人や検察官などに謝罪していたことが10日、分かった。新潟地裁によると、7日の裁判は被告人質問などが行…

記事全文を読む

×