伊藤健太郎、『必殺!』シリーズ初登場 「いつか仕事人になりたい」

時代劇が映画館の“銀幕”からお茶の間のテレビへと主戦場を移した昭和の時代に、テレビ時代劇シーンの一翼を担った『必殺仕事人』。出演者の世代交代もありながら、平成の時代に受け継がれ、平成最後の『スペシャル…

記事全文を読む