"レーシック手術"経営難で撤退が相次ぐ訳

■レーザーマシン1台に1億円弱かかる角膜にレーザーを当てて視力回復を期待する角膜屈折矯正手術、いわゆるレーシック手術は、角膜に直接コンタクトレンズのカーブをつけるようなものだ。個人差はあれど、成功すれ…

記事全文を読む