スマホ全盛のいま、なぜ「インスタントカメラ」が年1000万台も売れているのか

富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ」は、2018年度に世界で年1000万台の販売を達成した。チェキはおよそ15年前にブームとなり、そのときの販売台数は最高で年100万台だった。その後、低迷期を経…

記事全文を読む

×