大和沈没から生還した男 引き揚げ話に「そっとしておいて」

 戦艦「大和」の元乗組員、疇地哲(あぜち・さとし)氏。沈没後、漂流する海の中で「米軍に負けてなるものかと思った」と語る91歳の生き証人は、不沈艦の最期を体験して何を思ったのか。 * * * 昭和19年…

記事全文を読む