日本の道路、先進国の中でもっとも歩行者の死亡事故率が高い

 相次ぐ交通事故は、日本の道路が「歩行者にとっていかに危険か」という現実を突きつけた──。 4月19日に東京・池袋で87歳男性が運転する乗用車が暴走した事故では、自転車で横断歩道を渡っていた母子が死亡…

記事全文を読む