コロナの医療危機で手術延期 多くのがん手術難民発生か

 新型コロナウイルスの感染者が日々増加するなか、“医療崩壊”の危険性が指摘されている。そうなると、ベッドや人工呼吸器の不足などで、「後回しにされる患者」が出てくるのだ。執刀日が決まっていた手術が延期さ…

記事全文を読む

×