頑なにコロナ対策の失敗を認めない菅首相 ブレーンの心も折れたか

 危機に臨む総理大臣に求められるのは、正確な現実認識と、国民に語りかける「言葉」の誠実さだろう。緊急事態宣言で国民は生活に厳しい制約を求められている。それでも一歩ずつ危機の出口に向かって進んでいる実感…

記事全文を読む

×